ものづくり

製品実現のための改善活動

QCサークル活動

1983年に活動開始。
部門別に7サークルを編成し、サークル内の課題や問題などQC手法を使い、QCストーリーで解決していきます。

【発表会風景】
ものづくり ものづくり

TPM活動

機械設備の知識と技能を学び、トラブルを未然に防ぎ、生産効率の向上を図ります。

【活動報告風景】
ものづくり ものづくり

5S活動

作業の効率化、職場の安全性向上・美化などを目的に5S(整理、整頓、清掃、清潔、躾)活動を行なっています。
5S活動において、ルール(物を置く場合の表示方法など)を作成することで、工場内の作業がやりやすくなり、各職場での改善が進んでいます。

改善提案制度

作業の効率化や品質向上のアイディア、安全などの改善などだけでなく、工場内の環境なども含めた改善提案を全員参加で行っています。

環境改善活動

ものづくり
「NPO法人 エコキャップ推進協会」に参加

ペットボトルキャップをゴミ焼却すると800個で7.3gのCO2が発生します。
ポリオワクチンは、1人分20円。
みんなで集めたペットボトルのキャップは、400個で10円になります。
800個で1人の子どもの命が救える。
ということで活動を開始しました。
それによって1人1人のエコ意識が高まります。

ものづくり
プルタブ・アルミ缶回収運動に参加しています

この運動は「公害を生みださない人づくり」と「空き缶散乱公害をなくす」ことを目指しています。
物を大切にすることを通して、資源を保護し、人にやさしく、身の回りの環境を住みやすいものにしようとするものであります。
小さな子供さんからお年寄りまで「誰もが参加できる運動」であり、公害を防ぎ街をきれいにし、地球上のゴミ問題や福祉・環境問題を解決する大きな手がかりともなります。

この運動は1人ひとりの小さな協力の積み上げによって大きな成果が得られます。
その結果、福祉に役立つ車椅子を病院や老人福祉施設に寄付することで活動の輪を広げていくことを目的としています。