会社案内

沿革

1955(昭和30)年3月プレス加工業として創業
1962(昭和37)年7月法人組織として株式会社小林製作所を設立
1964(昭和39)年3月プレス加工・溶接・組立・梱包まで行う製品作りを開始
1973(昭和48)年4月労働省より無災害記録証『第一種』を受賞
1976(昭和51)年10月社団法人発明協会より『発明奨励賞』を受賞
1977(昭和52)年4月現在地に本社工場を移転
1982(昭和57)年7月資本金2,300万円に増資
1983(昭和58)年5月「QCサークル活動」を開始
1986(昭和61)年4月NCターレットパンチプレスを導入、多品種少量生産体制を整える
1988(昭和63)年6月現社長の就任
1989(平成1)年8月プレス工場を増設
1991(平成3)年1月「JIT生産方式」を導入、「5S運動」を開始
1991(平成3)年6月社内報「KSSワールド」を創刊
1995(平成7)年4月「改善提案制度」を導入
1997(平成9)年10月関東管区警察局より「安全運転管理事業所」表彰を受賞
1999(平成11)年3月品質マネジメントシステム国際規格 ISO9001を取得
2002(平成14)年8月環境マネジメントシステム国際規格 ISO14001を取得
2005(平成17)年1月「環境活動レポート」(2004年)を作成開始
2007(平成19)年10月「TPM活動」を開始
2009(平成21)年9月「エコキャップ推進協会」のボトルキャップ回収運動に参加
2010(平成22)年2月「(社)環公害防止協会」のプルタブ・アルミ缶回収運動に参加 
2010(平成22)年6月レーザーパンチ複合機を導入
2011(平成23)年3月レーザーパンチ複合機を増設
2012(平成24)年12月田上工場の竣工
2013(平成25)年2月300t サーボプレスを導入
2013(平成25)年6月200t Wクランクプレスを増設
2013(平成25)年9月80t サーボプレスを増設